広島のフリーペーパーtomatoに記事が掲載されました。

こんにちは、

メンタルタフネスを支援している
森田由美子です。

先日、

私が住む広島で発行されている、

フリーペーパー「tomato」さんに
記事が掲載されました。

テーマは女性のキャリアです。

読み返してみると、

「もうちょっと伝えたいな~」

と思うところがありました(笑)

女性がはたらくこと、

女性のキャリアについて、

興味がある方は読んで頂ければ嬉しいです。

伝えたいことは、

女性ならではの『キャリアの中断』についてです。

女性は結婚・出産があると、

どうしても結婚や出産を
優先することが多いので、

キャリアを中断させられるような
気がしてしまうことがあります。

でも、

その年代年代で、

自分が現状に向き合って
どの道を選ぶか

決めればいいことなのです。

選択する道に正解も間違いもないし、

キャリアをあきらめなければならないと
いうわけでもありません。

そもそも、

家庭でも学べることはたくさんあります。

結婚や出産に限らず、

思い通りにならないことは、

独身の時だってあると思うんです。

けれど、

そういう『思い通りにならないこと』を経験することは、

人間性を高めていくには
実に必要な経験だと思っています。

周りからみて、

どんなに仕事も育児も完璧に見える
お母さんだって、

必ず思い通りにならないことがあります。

全てが思い通りの人なんていないのです。

だから、

あなたも思い通りにならない経験をすることを

決して恐れないで欲しいのです。

また時期が来れば、新たな仕事に就くことができます。

その時に、思い通りにいかない経験が、

必ず大きな力になりますから。

家庭に入ったママが

復職や就職をするとき、

社会から隔離されている感じを
結構持つと思います。

最近の社会の動きは早いし、

新しいパソコンやデジタル系の機器なども
使い方がわからなくなって、

不安になったりすることもあるはずです。

でも、決して思い違いをして欲しくありません。

結婚や出産などで家にいる期間に、

決して人間として衰えているわけではないのです。

反対に、たくさんのものを

得ている時期だと思って欲しい。

子育てもそうだし、PTA活動などでも、

そのときの経験を、

いかにして社会に出ていくときの
力にできるかどうか。

ここがポイントだと考えています。

それに、これは結構大きなことだと思ってますけど、

家庭に入っていると、

自分の思い通りにならないことに対して、
我慢する力がついてきます。

ここで鍛えられた忍耐力や、

「他人は思い通りに動くわけがない」という
心の底から実感のこもった認識は、

必ず社会でコミュニケーションをとっていくときに
役に立つ力だと思います。

会社で働かない経験があるからこそ、

身につく力が必ずあることを、

どうかわかっておいて欲しいと思います。

自分を追い込んで責めたりしても、

自信を損なうだけです。

望む方向に向かって、

今のあなたにできることを、

小さくスタートしてみれば良いだけです。

お義母さまとの関係性や、

状況や環境は、本当に人それぞれです。

でも、

時間を作って、
できることをやっていけば、

職場では身に付かない力を
磨いていくことも必ずできます。

あなた自身を信じて、

キャリアの中断を恐れずに、

充実した毎日を過ごしてもらいたいです。

応援していますよ~~♪

 

記事のPDFダウンロードはこちら

一歩前に踏み出す!私らしいキャリアづくり|tomato3月号 (外部リンク)