新しい上司とコミュニケーションがうまく取れなくて、信頼できないときの3つの対応策

 

こんにちは。

組織のメンタルヘルスの専門家、
森田由美子です。

 

「あの上司、どうも信頼できないんだよな・・・」

「上司があの人になってから、
仕事がうまく進んでいかない・・・」

「上司が変わってから、
なんか話がうまく通じない・・・」

 

あなたの職場はこんな状況になっていませんか?

 

上司が変わると、

仕事の進め方や

職場の雰囲気は変わりますよね。

 

でも現実として、

ほとんどの会社で、

部下のポジションの方が
上司を選ぶことはできません。

 

とはいえ、

冒頭のように、

「なんかあの上司とうまくやれないんだよな」

なんて不満を言っているだけの
状況は変えていきたいですよね?

 

そんなときは、

この3つの方法を試してみてください。

 

 


1.上司の価値観と弱みをチェックする

・上司が何に価値を置いているタイプか理解する
・弱いところはサポートしてあげる

2.前の上司との比較をやめる

・比較していても、何も良いものは生まれません。
・比べるよりも、その上司特有のものをチェックしましょう

3.自分から『苦手オーラ』は出さない

・「この人やだなぁ」と思っていることは伝わります。
・信頼できない、苦手だ、と思うことをやめてみる。
・そのためにも、上司の強みを探してみてください!


 

 

特に3番は、

いったん「苦手だ」「信頼できない」と思うと、
それを止めるのはなかなか難しいものですよね。

 

でも、

相手の強みを探して見つけることで、
人の見方を変えてきた人を私はたくさん見てきました。

だから、

「嫌いだ」
「苦手だ」
「信頼できない」

いったんその気持ちを横に置いて、

その上司そのものを見ることに
あなたもトライしてみて欲しいです。

 

だけどこの方法だと、上司は何も変わらず、

あなただけが変わることになるので、

最初は腑に落ちないかもしれません。

 

「なんで私だけが変わらないといけないんだ!」

「上司なんだから部下に合わせてよ!」

 

こんなふうに思うかもしれません。

 

だけど、

『変われる自分』を作る経験を積んでおくことは、

とても大きなメリットがあると思っています。

 

あなたは将来、

転勤や転職をするかもしれないし、

プライベートでも結婚や介護など、
環境が変わるかもしれません。

 

今とはちがう部署に移るかもしれないし、

どうしても達成したい目標が、
新しく見つかるかもしれません。

 

どんな環境に行っても、

自分を変える力があれば、

そこであなたの『居場所』を作ることができます。

 

あなた自身との

コミュニケーションを上手にとり、

感情や行動につなげていくことで、

必ず道は開けていきます。

 

応援していますよ~